TOP
 □はじめに
 縁起
 山報(お寺からのお便り)
 ご法事
 祈願
 リンク




緑豊かな多摩の地に
 和中山 高蔵院(わちゅうざん・こうぞういん)は、東京都多摩市にあります。緑豊かな多摩丘陵の一角に建ち、最寄り駅から車で10分、中央道の国立府中ICからは15分という至便かつ閑静な場所にあります。眺望のよい高台に建ちながら、本堂も墓地も平地にあるので、ご高齢の方も安心してお参りができます。

弘法大師に導かれて
 高蔵院は、真言宗智山派(しんごんしゅう・ちさんは)に属します。弘法大師・空海が宗祖で、総本山は京都の智積院(ちしゃくいん)です。この真言宗智山派のお寺としては、成田山新勝寺、川崎大師平間寺、高尾山薬王院などがよく知られています。



高幡不動尊のもとで
 もともと高蔵院は、隣の日野市にある高幡山金剛寺の末寺でした。現在も高幡不動尊との関係は深く、法縁のお寺として交流を続けています。当山本堂にかけられている「高蔵院」の扁額は、金剛寺の前貫主・故秋山祐雅大僧正が揮毫されたものです。

五百年の歴史
 高蔵院の開山は室町時代とされ、五百年以上の歴史があります。村人が集う小さなお堂として始まったため、正確な由緒来歴ははっきりしませんが、ふるさと多摩の憩いのお寺として、今も多くの人々の信仰を集めています。



中不動尊として
 ご本尊様は大聖不動明王(だいしょうふどうみょうおう)で、こんがら童子・せいたか童子を従えています。お不動様は大日如来の化身とされ、わたしたちを仏道に導いてくださいます。高蔵院は「和中不動尊」として、護摩修行、加持祈祷、水子供養などを行っています。

住職

 現在の住職は石坂隆雅(いしざか・りゅうが)、高蔵院第16世です。まだ45歳と若い温厚な和尚さんで、檀信徒の方々との交流を大切にしています。

 【住職プロフィール】
平成2年5月、真言宗智山派僧侶に補せられる。
高蔵院副住職を経て、平成24年6月15日、住職拝命。
智山青年連合会会長、全真言宗青年連盟常任理事、全真言宗青年連盟災害救援事務局長、全日本仏教青年会理事、多摩市消防団第五分団長等を歴任。
家族は妻と息子。



絵:神野叙一さん